ゲームのルールと基本進行

home_field_title_playrule

I.ゲームの基本進行

▼開始時間
開催ごとに告知を確認し、遅れないように集合時間までに入場して下さい。
集合時間の30分後に第1ゲームをスタートします。

▼ゲームの種類
基本的に下記のゲームから、参加人数等を考慮しゲームマスターの判断にて実施します。
1.フラッグ戦 : 全員を2チームに分け、スタート地点に設置されたフラッグを互いに奪い合うことを目的とするゲ-ムである。
2.殲滅戦 : 文字通り、相手チ-ムメンバ-を一人残らず殲滅することを目的とする。
3.センタ-フラッグ戦 : 2チ-ムに分かれた陣地の、ほぼ中央にフラッグを立て、争奪を競う。

▼ゲームスケジュール
下記サイクルを一単位とし繰り返しゲームを実施します。
ブリーフィング(5分) - ゲーム(20分) - 休憩(15分) 【1サイクル40分】

▼禁止事項(ゲーム中)
フィ-ルド内において、一切の飲食、喫煙を禁止します。
(セ-フティ-ゾ-ンは、OKです。お間違えなく…)

▼危険回避措置
ゲ-ムプレイヤ-以外の侵入者が、多いと判断するときは、要所に数名の歩哨を置く。
また、フィールド内に部外者が進入した場合はゲームを中断する。

▼ゲ-ム中の笛合図
ゲ-ム開始:笛赤軍3回、黄軍2回、赤軍1回で開戦(または赤黄逆)。
ゲームストップ(ゲ-ム中断):笛2回。
ゲームストップ解除(ゲ-ム再開):笛1回。
ゲ-ム終了:笛3回。

▼ゲーム開始前の注意事項
マーカーはチーム分けが決定した時点で必ず左右上腕へ装備し、ゲーム中は絶対にマーカーを外さない事。
作戦タイムは5分とし、審判より作戦タイム終了の連絡を行い、同時にゲームスタートとする。

II.死亡規定

1.ゲーム中下記に該当する場合死亡(ヒット)となりますので、速やかに自己申告の上フィールドから退場して下さい。

▼被弾による死亡規定
・相手のBB弾が体、銃、装備品等に当ったとき。
・味方のBB弾が体、銃、装備品等に当ったとき。
・自分のBB弾が体、銃、装備品等に当ったとき。
※BB弾の被弾は兆弾、流れ弾など、一切の理由を問わず、身体に触れた場合、これを被弾とみなします。
※フェア精神を持って、死亡親告を行って下さい。

▼安全不履行
ゲーム中にゴーグルを外したとき、または外れたとき。

▼メカニカルトラブル・弾切れ
手持ちのすべての銃が発射不可能なとき。

2.死亡した場合

▼死亡時の基本アクション
1)”ヒット”と大きな声で死亡宣言を行う。
2)両手を挙げ死亡をアピールし、フィールドから速やかに、セ-フティ-ゾ-ンに戻る。
(アピール不足により、発砲された場合は個人責任。)

▼死亡時の禁止事項
・他の生存プレイヤーとの命の交換。
・死亡後のフィ-ルド内における、私語・作戦指示。
・生存者との装備品の手渡し。(生存者同士であれば物品の交換は自由です。)

III.ゲームストップ

ゲ-ム中のフィ-ルド内に、ゲ-ムプレイヤ-以外の侵入者があるとき、速やかにゲ-ムの進行を止め、ゲ-ムプレイヤ-以外の侵入者を安全な場所まで誘導します。

▼フィールド内で部外者を発見したとき
ゲ-ムプレイヤ-以外の侵入者を発見したゲ-ムプレイヤ-は、直ちに他のプレイヤ-全員に「ハイカー!」など大きな声でを呼びかけて下さい。
ゲームストップ(ゲ-ム中断):笛2回。
ゲームストップ解除(ゲ-ム再開):笛 1回。

▼発砲禁止
ゲームストップ時、フィ-ルド内のゲ-ムプレイヤ-は、銃にセ-フティ-をかけ発砲してはならない。

▼移動禁止
ゲームストップ時、フィ-ルド内のゲ-ムプレイヤ-は、自分の場所を移動してはならない。
ただしゲームストップが長時間にわたる場合は、当該ゲームを終了しセーフティへの帰還を指示する場合があります。

IV.ゲーム終了

▼下述の場合、笛を3回鳴らしゲーム終了とします。
・フラッグを奪取したとき。
・ 全員が死亡した時。
・ 制限時間終了の時。
・ 雨天にて続行が不可能な時。

トラックバックURL